社会保険労務士になるために

社会保険労務士試験の受験資格は「学歴」、「職歴」、「その他の国家試験合格」等のいずれかの要件に該当する必要があります。詳しく見てみましょう。

学歴

  1. 大学、短期大学、高等専門学校を卒業した者
  2. 大学(短期大学除く)において62単位以上を修得した者
  3. 修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1700時間以上の専修学校の専門課程を修了した者

職歴

  1. 国または地方公共団体の公務員として、行政事務に従事した期間及び特定独立行政法人、特定地方独立行政法人、または日本郵政公社の役員または職員として、行政事務に相当する事務に従事した期間が通算3年以上になる者
  2. 社会保険労務士もしくは社会保険労務士法人、または弁護士もしくは、弁護士法人の業務の補助に従事した期間が通算して3年以上になる者
  3. 労働組合の役員として労働組合の業務に専ら従事した期間が通算して3年以上になる者、または会社その他の法人の役員として労務を担当した期間が通算して3年以上になる者

その他の国家試験合格

  1. 社会保険労務士試験以外の国家試験のうち、厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者
  2. 司法試験第一次試験、または高等試験予備試験に合格した者
  3. 行政書士となる資格を有する者

この他にも受験資格はありますので、詳しくは「社会保険労務士試験オフィシャルサイト」をチェックしてください。

上の受験資格をクリアした人は次にコチラを。

社会保険労務士になるには、

  1. 社会保険労務士試験に合格した者
  2. 弁護士資格を有する者

いずれかに該当する者が全国社会保険労務士連合会の名簿に登録し、社会保険労務となることができます。
(1.の場合、実務経験2年以上または指定講習を修了しなければならない)

このサイトを見ている人のほとんどが、社会保険労務士試験を受験すると思います。
社会保険労務士は、国家資格の中でもとても難易度の高い資格です。
一般的に合格ラインに達するまで、勉強に費やす時間は約800時間以上ともいわれているほど!
行政書士は約400時間、宅建は約250時間ですから、どれだけ難しいか理解できるでしょう。