勤務社会保険労務士と開業社会保険労務士 どっちがおトク?

次に『会社勤務』と『開業』について詳しく説明したいと思います。

勤務社会保険労務士

勤務社会保険労務士とは、一般企業の人事部や総務部で、社内の労働保険の各種届出の作成・提出、就業規則の作成・変更などを中心に行います。

社内に、エキスパートである社会保険労務士がいたら、仕事も早いですし、心強いですよね。
また、経営陣から労務管理に関する相談を受けることもあります。
勤務社会保険労務士は、社内の実情を把握しているため、
あらゆるトラブルに関し、迅速な対応ができるといえます。

そして、社会保険労務士の資格を取ることによって、昇格や給与アップも見込めます。
一流企業では資格は取って当たり前と考えられるため、一時金くらいしか出ませんが、中小企業だと給与アップ(1 ~5万くらい)も見込めるのではないかと思います。
ただ、いくら給与アップといっても元々の金額からアップ、ということで、年収はその会社によって違います。
ということは、勤務社会労務士の年収は、一般のサラリーマンとあまり変わらないと、思ったほうがよいのかもしれません。
でもその分、資格を持っているため、リストラされにくいという特権はありますけど。

開業社会保険労務士

開業社会保険労務士とは、独立して事務所を構え、顧客の各種代行
手続きや人事・労務管理に関するコンサルティング
などを行います。

主な顧客は中小企業。
なぜなら、中小企業は小規模であるために
人事・労務の専門家を抱える余裕がないからです。
専門家を雇い入れるよりも社会保険労務士に顧問料を払ったほうが安く済むというわけ
なのです。
また、社内では話せないような人事の相談も受けることが多く、経営者へ人事のアドバイスをすることもあります。

開業社会保険労務士の主な収入源は顧問料で、その額は従業員数によって変わります。
なぜなら、従業員の数だけ書類作成業務があるから。
ただ、顧客開拓は自分でしていなかいといけないため、開業してまもない社会保険労務士の年収は100万円~200万円の人が多く、貯金を食い
つぶしながら生活する人も多いようです。
開業社会保険労務士にとって一番大切なのは人脈。人脈=顧問料=報酬なのです。
ということから、開業社会保険労務士は、年収100万~1000万、2000万とかなり幅広いといえます。

私のように、並みの年収で安定を取るか(リストラ恐怖症!!)、
年収は人脈次第!の開業を取るかは、自分と相談して決断してください。