社労士事務所から一般企業まで、社会保険労務士の求人ニーズは高い

前ページでは「社会保険労務士は就職に活かせる資格」であることをご紹介しましたが、いざ仕事を始めようという段階で「希望通りの求人に出会えない!」というのであれば元も子もありません。

実際のところ、社会保険労務士の求人事情はいかがなものなのでしょうか?
求人の数や種類について検討していくことにいたしましょう。

419ccbc454c3e83d99e3701b10dc3240_s

 

社会保険労務士の求人は多種多様

ひと口に「社会保険労務士の求人」といっても、募集する企業の業種や会社規模は実に様々です。
それもそもはず、どんな会社にもそこに働く人がいて、あらゆるタイミングで労働保険や社会保険関連の手続きが発生するのです。
社会保険労務士といえば、こうした手続きを一手に担う専門家ですから、どんな会社においても求められる存在であることは言うまでもありません。

また、人がいれば必ず人同士のトラブルが生じます。
このようなトラブルを解決したり、そもそもトラブルが生じないように取り組んだりするのも、社会保険労務士の重要な役割です。

つまり、規模や業種を問わず、どんな会社においても社会保険労務士へのニーズは確実にあり、活躍が期待されていると言えます。

加えて、比較的規模の大きい社会保険労務士事務所の求人というのも、常に一定数上がっていますね。
「まずは先輩社労士に実務を学びたい」という場合には、まず社会保険労務士事務所に入り、お金をいただきながら仕事のイロハを覚えていくという選択肢もあります。

 

求人数は都市部ほど豊富

これは社会保険労務士の求人に限った現象ではありませんが、傾向として「都市部ほど求人数が多い」という状況があるようです。
確かに、企業が多く集まる都市部においては社会保険労務士へのニーズも高まるでしょうから、当然と言えば当然のことかもしれません。

よって、都市部以外の地域で求人を探す場合、「常にアンテナをはっておく」「見つけたらすぐに応募する」といった姿勢が不可欠であると言えましょう。

また、地元密着の企業ほど、紹介によって雇用されるケースが多くみられます。
自らが社会保険労務士有資格者であることを周囲に話しておくと、意外なところから仕事の話が舞い込んでくる可能性も無きにしもあらずではないでしょうか!