社会保険労務士のホントの年収

社会保険労務士は年々、人気が上がっている資格のひとつで、いわば
『労務管理と社会保険の専門家』です。
労働社会保険諸法令に基づく申請書などの作成・手続きの代行など、社会保険労務士しかできない
独占業務もあり、仕事が入ってくれば、とても高い水準の年収が期待
できる仕事です。
ここでは、社会保険労務士の年収について話しましょう。

  • 社会保険労務士603万
  • 司法書士 700万
  • 行政書士 600万
  • 弁護士 801万
  • 税理士 791万
  • 会計士 791万
  • 国家公務員 662万

↑これは、平成20年度の各職業別の年収です。

数字を見ればわかりますが、比較的、社会保険労務士は年収が
低いですよね。
あれだけの難易度が高い資格を取って、この年収!?と
思う人も多いはず。

でも待ってください!
社会保険労務士の資格を取るきっかけは、人それぞれですが、

  1. 会社の総務部に勤務していて、上司に勧められて取得
  2. 転職のためキャリアアップとして取得
  3. リストラ対象にされないよう、自己防衛として取得

というように、社会保険労務士は、会社勤務の人が多いのです。

それに比べて、司法書士や行政書士、弁護士は独立開業型。
独立開業は、新規の顧客を獲得するのは大変なことではありますが、
その分、経費を除いてすべての報酬が自分のものになります。
どちらを選ぶかは、資格を取得した動機や自分の仕事環境により
判断してください。