テキストがなくても勉強できるのがいいですね。

通信講座のCDを使うと、スキマ時間をもっと上手に使えるようになります。
iPodのプレイボタンを押したら、いつでもどこでも即勉強モードっていいますか、
5分10分のわずかな時間がすっごく生きてくるのです。

私は通信講座の中でも評判の良いフォーサイトで勉強しました。
ちょっと予算をしぼりすぎて(あの頃の家計は大変だった!)、
視聴覚教材はCDだけ申し込んで勉強しました。それでも効果をすっごく実感できました。
一般に視聴覚教材は、講義DVDやCDが普及しています。
ここではその学習効果についてお話ししてみようと思います。

■学習範囲の全体把握がやりやすい!

簡単に言ってしまうと、初めて勉強する内容は、テキストで文章を読むだけの勉強より、
先生の講義を聞きながら読む方が、ずっと頭に入りやすいということです。
視聴覚教材があると、テキストを開いていない時でも勉強できます。

朝昼晩の食事の用意、お洗濯や掃除。主婦の私には、
そんな家事全般が2重に時間を活用できる貴重な勉強時間でした。
iPodをTシャツにちょこっとはさんで、講義の録音を回しておくだけでよいのですから。
ゴミ出しで、ゴミの収集場所に座り込んでしまったこともあります。
朝ウオーキングのおじさんに、ちょっと変な目で見られちゃいましたけど(笑)。

■テキストを開く必要がない

これってたぶん、満員電車の中だとサイコーに威力を発揮するように思うのです。
試験準備中は主婦でしたが、私も満員電車で通勤していたからよくわかります。
というか社会保険労務士に合格してめでたく再就職も決まり、また通勤地獄の渦の中に…(笑)。

つり革にぶら下がったぎゅうぎゅうの電車の中で、
それでもスキマ時間を活かしたい時には、もうこれ(視聴覚教材)しか手がない。
というか最高に活用できると思うのです。

私は発想の転換をお薦めしました。
あの手この手を使って、楽~に1000時間を作りだすことが大切です。

映像や音声で、視覚と聴覚に訴えかけてくる視聴覚教材は、
文字情報だけで勉強する資格の学校の復習よりも、絶対に効果が高いと思います!