合格ライン以上の、実務に活きる知識を習得

 社会保険労務士試験対策専門校として、確かな信頼と実績を誇るiDE社労士塾。
合格ラインにこだわらず、実務までを見据えた知識の習得を目指す教材は、初学者には少々高いハードルとも言えますが、一方で中上級レベルの受験生にはたまらないアイテム。
通学・通信併設校ですが、受講生のほとんどが通信教育受講生であり、全国規模で幅広く支持されているスクールです。

社会保険労務士通信教育【iDE社労士塾】、ココに注目!

①  情報量たっぷりのボリュームテキスト
iDE社労士塾の社会保険労務士通信教育の特徴と言えば、何と言っても「ボリュームあるテキスト」。ページ数はもちろん、細かな文字でぎっしりと記載された内容は、試験の出題ポイント以上の事柄をしっかり習得させる内容に。モノクロで、なおかつ文字が細かいため、初学者にとっては「すべてを学習しきれない」「覚えるべきポイントが明確でない」「モチベーションが下がってしまう」等不満が生じやすいですが、ある程度受験年数を重ねた受験生からは比較的厚い支持を受ける教材であると言えます。

②  実力派講師による丁寧な解説講義
通信教育講座の講義は、すべて塾長である井出講師が担当。滑らかな語り口調と丁寧な解説に定評があります。ただし、講義映像としては通信仕様に収録されたものではなく、あくまで教室講義が録画されたもののため、視聴していて退屈である点は否めません。
講義内容が良いだけに、映像の見せ方がイマイチであることは大きなマイナスに感じられてしまうかもしれませんね。

 iDE社労士塾の社会保険労務士通信教育の受講料は、通信教育本科で10万円以上(キャンペーン価格適用時でも)と、通学講座並みとなっています。
概ね評判の良い講座ではありますが、初学者が受講する場合にはすでにご紹介した通りの難点がありますから、よく検討された方が良いでしょう。