「勤務」登録が可能な社会保険労務士は就職に有利です

社会保険労務士試験を受験しようという皆さんの中には、今後、この資格を就職や転職に活かしたいと考えている方も少なくないでしょう。
しかしながら、一般的に士業資格というと「独立開業」がメインというイメージで、資格を活かした就職や転職というといまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか?

9e2c968dd7159233a004ca513acfe5c4_s

ご安心ください!社会保険労務士は就職・転職に役立つ資格なんです。

 

「開業」の他、「勤務」の選択肢もあるから就職につなげやすい

確かに、一般的に士業資格を仕事に活かすといえば、開業するケースが大半です。
ですが、例外的に社会保険労務士の場合、登録区分に「勤務」という形態があり、企業に就職して社内のみで社会保険労務士の実務に携わることができるようになっています。

「士業資格を取得したけれど、自分には独立開業なんて無理だし・・・」
「開業して上手くいけば良いけれど、やっぱりリスクが心配」
「会社員としての安定した身分は捨てられない」

といった方でも無理なく社会保険労務士として活躍できるのが、この資格の魅力であると言えます。
さっそく社会保険労務士有資格者を求める企業を探し、就職後に勤務登録をさせてもらえるかどうか確認してみましょう!

 

社会保険労務士資格は仕事に活かさずとも、知識のブラッシュアップを図れる道がある

ちなみに、社会保険労務士資格は登録したからといって、すぐに就職したり開業したりしなくても何ら問題ありません。
第一に、この資格は一度取得してしまえば更新等不要の“一生もの”なので、自分がその気になったタイミングに合わせて登録できます。

また、「仕事に活かすつもりはないけれど、研修会等には参加したい」という場合にも、ひとまず「勤務その他」の登録をしておけば、会合や勉強会のお知らせが届きます。
つまり、焦らずとも自分のペースでいつでもキャリアを作っていけるという点に、社会保険労務士資格ならではの良さがあるのです。

社会保険労務士資格を取得して開業するも良し、就職するも良し、とりあえず勉強だけを継続させるも良し。
今後のビジョンが明確でなくても、とりあえず資格を取得しておくことで、今後の展望がぐんと広がりそうですね。